ニュース・活動報告

立教大生殺害事件 現在の犯人はこんな顔?


10年前の人相画

今回作成された
経年人相画
 当会会長の小林邦三郎(立教大生殺害事件被害者遺族)が出演するTV番組を見た横須賀市在住の須藤眞啓さんより、10年を経て変化しているであろう犯人の新たな人相画を提供したいとのお申し出をいただきました。

 須藤さんは、特定非営利活動法人「子供の安全と美しい町作り推進機構」の会長でもあり、経年人相画の研究を長年にわたって続けています。10年前に作成された人相画を手に犯人逮捕を訴える小林さんの姿に感銘し、テレビ朝日の番組スタッフにご連絡いただいたので、すぐさま小林は横須賀市のご自宅をお訪ねしました。
 当時の人相画の不合理な点を科学的に分析し、より自然な顔のバランス、10年という年齢の変化を考慮された新たな人相画を2枚ご提供いただきました。1枚はメガネをかけた顔です。早速、池袋警察署にも提出し、今後はこの人相画を加えた3枚の犯人の顔を覚えてもらうように活動していくとのことです。

 多くの時効と闘う被害者とともに、そうした温かいご理解とご協力に応える活動を目指していく思いをあらためて強くしました。

≫情報提供のお願い

前のページへ戻る