ニュース・活動報告

【提言】医療事故調査の議論再開にあたって



厚生労働省は、平成24年2月15日「医療事故に関わる調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」を開き、医療事故調査を行う対象や範囲、調査機関との関係などについてや、医師が検案して異常があると認めたときは、24時間以内に警察に届けることを規定した医師法21条も含めた議論が、3年ぶりに再開されました。

ようやく再開された検討部会の今後の議論に対し、被害者遺族の立場から、長年医療事故問題に取組んできた古舘恵美子さんより提言が寄せられました。

「医療事故調査の議論再開にあたって」(PDF形式:73kb)

Acrobat Readerをダウンロード(Adobeサイトへ)

2012年3月28日掲載


前のページへ戻る