<

ニュース・活動報告

【JR新宿駅痴漢冤罪事件】第一審、判決を受けて



平成21年にJR新宿駅で痴漢容疑をかけられ、警視庁新宿署から取り調べを受けた後に自殺した原田信助さん(当時25歳)の母・原田尚美さんが、息子に代わって新宿署の捜査に対して損害賠償を求めた訴えに対し、先月3月15日に東京地方裁判所から第一審の判決が言い渡されました。

判決では、違法な捜査はなかったとされ、原告の訴えはすべて退けられました。
判決文全文は、こちらから御覧ください。

平成28年3月15日判決言渡
平成23年(ワ)第138666号損害賠償請求事件


この判決を受け、原告の母・原田尚美さんは、3月28日に東京高裁に控訴いたしました。

外部リンク:原田信助さんの国賠を支援する会(Facebook)

2016年4月4日掲載


前のページへ戻る