当会の紹介

ポエナの会運営における申し合わせ

 犯罪予防,そして犯罪被害を受けた被害者とその家族の自助を主たる目的として,犯罪被害者家族の会Poenaは以下の内容に則り活動をしております。

  1. 運営方針について
    ・当会の運営方針は原則として各月に行われる定例会議で決定されています。
    ・会議の議事は,出席した会員の過半数をもって決し,可否同数の時には会長の決するところによることとします。


  2. 会員について
    ・本会の会員は,犯罪・事故により被害を受けた者とその家族・近親者とします。
    ・当会への協力者は,必要に応じて会の活動に参加します。
    ・希望者は犯罪被害に遭遇した経験を問わず,事務局の許可を得て,定例会議に参加できるものとします。
    ・ただし,以下の者は本会への参加をお断りいたしております。
    1. 暴力団等反社会的勢力の構成員及びこれに関係する者
    2. 他人の権利侵害等や違法な行為をする目的で本会に加入しようとする者
    3. 特定の政治的活動・宗教的活動をする目的で本会に加入しようとする者
    4. その他本会の会員・参加者として事務局が不適当だと認めた者


  3. 当会からの提言・主張について
    ・当会からの提言・主張として示される文章・資料などは,本会に関わる者から寄稿されるものを,原則として定例会議にて議論し,承認を受けた後にホームページなど会の広報を通して一般に公開されるものとしております。
    ・提言・主張は,基本的に寄稿者による内容をそのまま,本人の名義で公開されるものとします。
    ・寄稿者は公開された内容に対して訂正および公開の中止を当会に申し出ることが出来ます。


  4. 会計
    ・必要経費などは,会員,参加者の個々人の責任と合意に基づいて支払うものとしております。

以上

前のページへ戻る