コラム&トピック

突然、事件現場となってしまった自宅への想い
―世田谷殺人事件現場自宅の取り壊し見送りから考える

会員・匿名希望



 平成12年12月に東京都世田谷区上祖師谷の宮沢みきおさん=当時(44)=方で一家4人が殺害された事件で、現場の土地を所有する都が遺族に対し、今月25日としていた現場住宅の取り壊し期限を延長する意向を伝えた。都東部公園緑地事務所は今後、具体的な延長期間などを検討する。

 同事務所によると、今月21日に、建物を所有する遺族と面会した際に、遺族側が取り壊し期限の延長を希望。事務所側も「早急に建物を取り壊す必要性は認められない」と判断したという。

 同事務所によると、警視庁は事件後、現場の建物を取り壊さないよう遺族に要請してきたが、証拠保全が完了したとして、昨年12月26日付で要請の解除を通知。都と遺族らの取り決めで通知から30日以内に取り壊すことになっていた。

 現場の土地は12年3月、都が隣接の都立祖師谷公園の拡張のために買収し、一家は引っ越しの猶予期間中だった同12月に殺害された。

(2020年1月24日産経ニュースより)

未解決事件の象徴として
 当会は長年、殺人事件の公訴時効の廃止を要望し活動していたが、2010年4月、法曹界の反対が強かったにもかかわらず、政治により一気に実現した背景に、上記の「世田谷一家殺人事件」遺族(宮沢さんのご両親)の存在は極めて大きかったと思う。
 愛する家族を突然失った悲劇に苦しんだ遺族として、「犯人」の顔を見ることなく旅立たれた宮沢氏の無念を想うと、今どこかで平然と日常を過ごしている「凶悪犯人」を早く逮捕して欲しいと願う。今も事件は続いているという事実と、必ず逮捕されるという希望を忘れないために、未解決事件の象徴として住宅はこの20年間現場に存在し続けたのであろう。
 当初の公園拡張の実現による地域の利益を考えると、今回の土地を所有する東京都からの取り壊し打診は非難されるものではない。また現在管理されているご遺族・ご親族としても、将来の展望が見えぬ中で大きな責任を負うことへの不安は計り知れない。しかし事件現場としての「家」は、犯人に対して<逃がさない、許さない、忘れない>というご遺族の怒り、警察の執念を伝え続けた存在であり、未解決である限り、ご遺族に撤去の判断ができないのは当然のことである。




前のページへ戻る