コラム&トピック

コロナ自粛下での活動に思う

犯罪被害者家族の会ポエナ事務局



 2020年1月末から始まった新型コロナ感染は、4月〜5月の「完全自粛」を経て、ようやく学校・職場が再開され、やれやれ、これで夏が来れば少しずつ落ち着くだろう・・誰もがそう期待し我慢して、とうとう半年が過ぎてしまった。しかしながら治療も予防も儘ならぬ現実は変わらず、毎日毎日感染情報に不安を煽られ、気が遠くなるような猛暑のマスクに耐えながらも、漠然とした不安な空気が重く、方向性の定まらぬ暮らしが続いている。

 私たちの活動も当初、5月GW明けから再開するつもりであったが、会場、会議室として利用している公共施設の使用中止、参加者の移動による感染予防のため、今現在も再開に至っていない。空想でしかなかった「未知の感染症パニック」が、21世紀の自分たちの身の上に突然襲いかかり、いかにこれまで無防備に呑気に暮らしていたかを思い知らされた。私たちのようなささやかな活動すら休止するしかなく、「コロナ」の前では「不要不急の活動」の一つでしかないのだと落胆し、思い知らされたのである。

 大きな洪水・水害によって多くの人命が失われ、長年積み上げてきた財産、思い出を失ってしまったとしても、遠く離れた地域の人々にとっては「他人事」であり、コロナの情報(ウワサ)に取り憑かれた人々は、「それどころではない」のが現実だ。ましてや個々の犯罪・事件について関心も薄く、TV、新聞での事件報道、裁判報道ともに極端に減少している。彼らが声高に叫んできたこれまでの正義、人命の価値は儚い。

 被害者にとって世論を味方にすることこそが正義への唯一の道であり、大きなリスクを負ってもマスコミの取材を受け、署名活動を続け、積みあがった名簿を法務省に提出することが「活動」であった。その重要性は今も変わらないが、環境が大きく変わりつつあることは薄々感じていたはずである。誰も経験したことのない「完全自粛」の世界は、人々の移動が困難となり、リモート、テレワーク、オンラインという言葉を一気に拡大・浸透させ、すべての世代でインターネットが最も身近な情報ツールだと思うようになったかもしれない。「コロナ」はその変化の実体を、私たちの目の前に劇的に見せつけた「時代の転換点」として未来に記憶されるのだろうか。

 


前のページへ戻る