コラム&トピック

話を聞くだけで良いのです

くらこ(漫画家・今田たまアシスタント)



 はじめまして、『くらこ』と申します。
 私は犯罪被害者本人でも家族でもありません。
 こちらのサイトでWeb漫画を描いている今田たまの友人でアシスタントです。

 直接の被害者ではないけれど、今田が父親の事件に件で電話をくれたあの日のこと、あの日の声は、11年経った今でも忘れられません。
 滅多に泣かない彼女が聞き取りにくい泣き声で、それでも絞り出した連絡の電話。

『父が○○に巻き込まれて、亡くなりました。多分、新聞に出ると思うからびっくりしないようにと思って……』

 いきなりだったし涙声だったから【事件】なのか【事故】なのかが聞き取れず、とりあえず「しっかりね」なんてありきたりの言葉をかけるしかなかったけれど、電話が切れた後、当時同居していた弟に

「今田さんのお父さんが亡くなったんだって…! 事故だか事件に巻き込まれたって。巻き込まれたってことは事故!? 新聞に出るかもってなんだと思う!!??」

と独り言のように喚き散らしながら、懸命にネットニュースを探しました。

 そしてみつけたのは【パチンコ店店長刺殺】の見出しで、間違いなくこれだ、と震えながら読みました。
 何度も今田の家に遊びに行っていたし、お父様にもお会いしていたから「あの優しい人が? 今田さんが大好きなお父さんが? 今田さん、いったいどんな気持ちでいるの!?」と次から次に涙が溢れてきました。
 当時、今田は茨城県、私は宮城県に住んでいたので、すぐにでも行ってそばに居たかったけれど、弟の冷静な「今行っても迷惑だろ。連絡来るまで待つしかない」の言葉に、うーうー言いながら従うしかありません。
 せめて情報だけでもと新聞やネットで事件の続報を収集します。収集した情報が伝えてくるのは、目撃情報があまりないこと、お父様がどんな風に抵抗して動いて逃げたのかということ。本当に、亡くなってしまったんだということ。
 毎日毎日呪いました。犯人を。
 このどす黒い祈りで呪い殺せればいいのにと、本気で毎日願っていました。




前のページへ戻る