コラム&トピック

犯罪被害に遭うということ

今田たま(強盗殺人事件・被害者遺族)



今から11年と半年前の夏。私の父親は強盗殺人の被害にあい、殺されました。
ちょうど、1ヶ月前に65歳の誕生日を迎えた所でした。

・・・

その時、定年だからと退職させてあげられなかった事を、私は今も後悔している。

パチンコ店の雇われ店長をしていた父。閉店後、最後に店内をチェックし、一人で事務所にセキュリティを掛けて出るのが父の仕事だった。
犯人は、事務所にあるお金を狙って、事務所を出る父を狙って襲ったのだ。
約半年後に捕まった犯人は、元お店の従業員だった。
最初からお金が目当てで、父を殺害して奪う計画だったと後に証言した。

あの日から、私の人生は一転した。
それまで割と幸せな人生だと自分で思っていた。
幼い頃、親の離婚などで経済的に苦しかったり、早くに母が病死した事など、人から見たら少しカワイソウなのかもしれなかったが、私には母と再婚してくれた優しく頼れる父がついてくれていたし、結婚した姉が生んだ可愛い姪っ子達と毎週のように遊んだり、やりがいのある好きな仕事に携われている事も、幸せだった。
ゆくゆくは私も姉のような幸せな家庭を築き、父の老後の面倒を見ながら日々、平穏な人生を暮らして行くのだなと思っていた。

だがその順風満帆なはずの人生設計は、ひとつの犯罪でぐちゃぐちゃに踏みにじられた。





前のページへ戻る