コラム&トピック

性暴力被害者支援団体「TSUBOMI」を取材して

浅川浩己(フリーライター)



私は犯罪被害者の実態を知りたいと思い、ポエナの会に参加させてもらっている者です。ポエナの定例会で、性暴力被害に遭った方から、性暴力被害者の現実を伝えてほしいと言われたことがきっかけで、性暴力被害について勉強するようになりました。
それ以来、性暴力被害者は日常生活を送るのも大変とか、ふとしたことからフラッシュバックが起き、その日は何も出来ないということを聞くようになりました。
また、性暴力被害に関する講習会があれば、受講したいなと思っていたところ、性暴力被害者を支援している団体「NPO法人レイプクライシスセンターTSUBOMI」が講習会を開催するということを知り、参加しました。その縁で、今回、TSUBOMIを取材させていただき、ポエナの会であがった疑問を中心にお聞きしました。


<性暴力被害者は相談しづらい>
内閣府「男女間における暴力に関する調査(平成29年度調査)」によると、性暴力被害に遭った人の56%が相談しなかったという統計が出ています。
また、性暴力被害者は相談しづらいとよく耳にします。それは、なぜなのでしょうか?

――TSUBOMIスタッフ――
「相談できない」「相談しづらい」と思う理由は人それぞれですが、大きな理由のひとつとして、性暴力被害についての理解が進んでおらず、被害者が安心して話せる環境にないということが挙げられます。

相談できない事例として、

●警察へ相談しようと思っても、「どうして抵抗しなかったの?」などと責められるのではないかと不安に思ったり、信じてもらえないのではと躊躇(ちゅうちょ)し、相談できない

●家族や恋人に話そうと思っても、相手が被害に驚き、冷静に受け止めてもらえないのではと考え、身近な人へ言えないこともある

●仕事関係、例えば、会社の上司や取引先の人から被害を受けた場合、
今後の仕事上の関係を考えると自分さえ我慢すればいいと思ってしまい、相談できない

●被害に遭うとその人が元々持っているパワーを奪われ、自分から動くことが困難になる

●被害後、自身が悪かったのではと自責の念にとらわれることが多くある

などが、挙げられます。





前のページへ戻る