コラム&トピック

あの時、ドライブレコーダーがあったなら・・
―交通事故の厳罰化が進んだ平成に思う―

でぐち(東京都 会員)



 平成天皇退位にあたり、この数か月、平成を総括するTV番組が朝から夜まで溢れ、昭和生まれは30年間の記憶を新たにし、平成生まれは30年間の変化を改めて思い知らされる機会となった。そして5月1日、まさにお祭り騒ぎの中で平成は終わり、新たな「令和」を迎えたのである。

父の交通事故死
 私の父が仕事で訪れた練馬区役所の前で、トラックに接触し頭を強く打ち命を落としたのは、昭和天皇が崩御する前年、昭和63年の6月3日、雨の降る日だった。

 職場からいち早く駆けつけた私の目の前には、ただベッドに横たわり、二度と目を開けてくれない父の姿だった。遅れて到着した母が倒れこんで泣き崩れた姿を、今も忘れることができない。日常の幸福というものがなんと脆く儚いものであるか、「夢」「希望」という言葉が、目の前から遠く離れていくのを思い知らされた一瞬だった。

 悲しみの中でも、世間知らずの私は「トラックの運転手はきっと交通刑務所に入って罪を償うのだ」と信じて母と警察を訪れたが、「雨の中、目撃者もいないので…」という同情したような警察官の説明に言葉を失ってしまった。
 当然のことながら父の労災は認められたが、結局その後も運転手とその運送会社の刑事責任を問えることなく、運転手は半年後に運送業務に復帰したことを知った。交通事故による人間の死とはかように軽いものなのか?人間の命は運転免許証ほどの価値もないのか?父は被害者ではないのか?なぜ父は死ななければならなかったのか?その答えを出せる方法を、30年前には何も見つけることができなかったのである。

交通事故減少の背景
 平成元年以降の交通事故発生状況の推移(平成30年警察白書統計参照)は、平成16年の952,720件の発生件数をピークに、平成29年度は472,165件と半減し、死者数は平成4年の11,452人をピークに、平成29年度では3,694人と3分の1以下までに減少している。
 殺人認知事件は平成のピークだった平成15年の1452件に対し平成29年度では920件(36%減)、自殺者数においては、平成15年34,427人に対し、平成29年度は21,321人(38%減)の推移から見ても、交通事故死者は激減しているといってよいだろう。
 その背景として以下の点が考えられる。

@少子化、人口減少に伴う運転免許取得者数の減少傾向

(警察庁運転免許統計参照)


A自動車の安全性向上

(エアバックの普及、自動ブレーキシステムの進化等)


B平成13年(2001年)以降、度々の「道路交通法改正」「刑法改正」による厳罰化

警察庁HP一般財団法人 全日本交通安全協会HP 参照)


 とくにBの法改正は政治の決断で可能となることであり、犯罪被害者遺族として「刑法改正」を求めてきたポエナだからこそ、その努力と結果を評価するものである。


前のページへ戻る