ニュース・活動報告

【JR新宿駅痴漢冤罪事件】事件の経緯と国賠訴訟の経過について



2009年12月10日深夜、原田信助さん(当時25歳)は、JR新宿駅で痴漢と間違われ暴行を受け、さらに痴漢容疑で長い取り調べを受けた後、翌朝、痴漢冤罪の被害者としての将来を悲観し母校に近い地下鉄早稲田駅で鉄道に飛び込み亡くなりました。
翌年の1月29日、警視庁新宿署は、信助さんを痴漢容疑で書類送検(被疑者死亡で不起訴)しました。ところが新宿署は、信助さんの遺族に対して「痴漢と認定するのは無理という判断の元、痴漢容疑は晴れた」と発言していました。

この事件について、原田信助さんのご遺族(母:原田尚美さん)が取り調べを行った東京都警視庁新宿署を相手取って国家賠償請求訴訟を提訴しています。

その国賠提訴に至るまでの経緯、現在までの裁判の経過などの詳細について取りまとめたものを公開します。

※経過については逐次更新いたします。

国賠訴訟までの経緯・詳細(事件発生から2011年まで)
裁判の経過について@(2011年から2012年まで)
裁判の経過についてA(2013年〜)


【関連記事】

2013年7月26日掲載


前のページへ戻る